米南部フロリダ州サーフサイドで6月24日に発生したマンション崩落で、9階で飼われていて事故後に行方不明となっていた雄貓が見つかり、9日、約2週間ぶりに飼い主との再會を果たした。

美國南部弗羅里達州的瑟夫賽德鎮在6月24日發生了一起公寓倒塌事故。9層有一頭飼養的公貓在事故后行蹤不明,這頭公貓在9日被發現,約兩周后和飼主實現了重逢。

黒毛の貓の名はビンクス。地元郡トップのレビーン?カバ郡長は記者會見で「この小さな奇跡は、傷ついた家族の生活に光をもたらし、慘劇に見舞われた共同體全體に一點の明かりをともす」と喜びを語った。
保護した貓愛護団體「キティ?キャンパス」の共同創設者ジーナ?ニコル?ブラセックさんのフェイスブックの説明では、ビンクスは現場近くで発見され、8日夜に連れて來られた。翌9日に「無事だった住民が確かめに來たところ、奇跡が起きた」と再會の瞬間を振り返っている?!?br />
黑貓的名字是賓克斯。當地郡長在記者會見上高興地說,這小小的奇跡,給受傷的家族帶來了生活的光明,給遭遇慘劇的全體人員一絲光亮。
按照救助的愛貓團體的創始人的說明,賓克斯實在現場附近被發現的,8日晚上被帶回來。他還繼續回憶說,第二天9日有平安無事的居民過來確認情況,然后就發生了奇跡的重逢。